HOME  >  宇宙禪拳法



宇宙禪拳法

◇宇宙禪拳法とは

宇宙禪拳法とは、合気道、空手、柔術を取り入れた総合武術であり、宗家である須藤百治がそれらを統一体道として始めたものです。
その技は、須藤百治の感性によって編み出されつつ、武術の本道を追及したものでもあり、妥協を許さない、研ぎ澄まされた技の数々によって構成されています。

再生ボタンを押してください。

また、もうひとつの特徴として、あらゆる技に「気」が重視されていることです。
「気」とは、生命エネルギーの源であり、人間を始め、動物や樹木、神羅万象すべての生物が体内に抱き、常時発散しているものです。 それは風が木の葉をゆらすように、私たちの身体に様々な影響を与えています。
ただし、その「気」を体内に蓄え、持続・発散のコントロールをするには、ある程度の知識と訓練が必要となります。
私たちは、一見何不自由のない生活を送っているようにみえますが、精神的な疲労やストレスが日々蓄積されています。そこから生じる病気や人間関係の不和、 対人コンプレックス等々・・・。
今、現代人に必要なのは、平衡感覚を失った「気」を本来あるべき姿に戻すことではないでしょうか。

◇宇宙禪拳法の特徴

  宇宙禪拳法は、先にも述べたように宗家須藤百治が、合気道、空手、柔術から独自に編み出した総合武術です。そのため、他の流派にはない、特徴ある技が多く存在します。
  ここではいくつかの技を紹介いたします。
中段蹴 追突 出足払い
相手の中段蹴りに対する追突、その後蹴り出して倒す出足払いへの連続技
写真構え
写真 相手が右足で蹴ってくるのを左手下段払で受ける。
写真 ただちに右上段を追突
写真 相手の足を下ろすと同時に間合いをつめる
写真 相手の左肩を持ち、
写真 相手の左肩を引きつけながら、体を入れ替え、
写真 相手の右脚を勢いよく前方に蹴り出し、
写真倒す

中段突に対する連続技
相手の中段突を払っての中段蹴り、かかと落とし、刈り込み引き倒しの連続技
写真構え
写真 追突中段を右手で払い、
写真 相手の右肩を掴み、
写真 引きながら右回し蹴りを相手のみぞおちに蹴り込む
写真 その足を引きながら相手後頭骨へのかかと落とし
写真 その右足を引き込んで背中へ蹴りを出し、
写真 その足を引いて相手の右足を刈り込んで
写真倒す
写真


Copyright 2014 uchuuzenkenpo All Rights Reserved